インフルエンザワクチンの価格は何で決まる?

MENU

料金(費用・値段)

主婦たちの会話の中で話題なのが料金です。
医療機関によって値段が違うからで当然ですよね。
なぜ違うかについてご説明します。

 

こういった予防のための処置については保険適用がされない自由診療扱いになります。
つまり各医療機関によって値段設定は自由です。
原価に上乗せする金額は経費次第で人件費などかかる医者の場合は高くなる傾向がります。
また医師会に入っているか否かで、大量に仕入れられたところから分けてもらえるかどうかが決まり、原価自体が違うということが考えられます。

 

値段は一般的には1回3000〜4000円でしょう。2回接種の子どもについては2回めは安く、または無料というところもあるようです。


【Google広告】
【PR】

料金(費用・値段)関連ページ

現行のインフルエンザワクチンとは
2015年よりインフルエンザワクチンが3価から4価に変わりました。増えたのは、B型の1種です。 ではその3価、4価のワクチンの中身ってずっと一緒なのでしょうか?平成26年から平成28年度の『製造株』を見てみましょう。
ワクチンを打ったのになぜインフルエンザにかかるの?
予防接種したにも関わらずインフルエンザに感染することありますよね。そこにはある理由がありました。
ワクチン接種の注意点
ワクチン接種のタイミングは?一度接種するとどのくらいの期間効果があるの?
副作用・熱・卵アレルギー
インフルエンザワクチンにも副作用やアレルギーがあります。予診票はしっかり読んでチェックを入れましょう。
接種日の過ごし方(運動・お風呂・飲酒)
インフルエンザワクチンを接種した日はどのように過ごすのがよいのでしょうか?
他のワクチンと同時接種は可能?
子どもが受けるべき(定期)予防接種の数は年々増えています。日本では任意であっても海外では定期に指定されているワクチンもあります。同時に複数接種するためのルールを解説します。

【Google広告】
【PR】