特に受験生諸君は気を付けよう!

MENU

ワクチン接種の注意点

注意点として以下の2つがあります。

 

・接種時期はぎりぎりでは間に合わない

 

予防接種を受けてからインフルエンザに対する抵抗力がつくまでに2週間程度かかります。
受験の時期ぎりぎりに受けると間に合わないかもしれません。なお効果が持続する期間は3ケ月とも5ヶ月間ともいわれています。
副反応のことも考えて早めの対応をおすすめします。

 

一般的には遅くとも、流行する前の12月中旬までというところでしょう。

 

・子どもが2回打つ理由

 

接種量が一回では不十分だからではなく、今まで生きてきた中でできている免疫が少ないからという理由です。
2回打ってさらに型が合う可能性を上げるということです。
大流行を防ぐためにも、また重症化しないためにも、医師の言われることは聞いてくださると…嬉しいです。


【Google広告】
【PR】

ワクチン接種の注意点関連ページ

現行のインフルエンザワクチンとは
2015年よりインフルエンザワクチンが3価から4価に変わりました。増えたのは、B型の1種です。 ではその3価、4価のワクチンの中身ってずっと一緒なのでしょうか?平成26年から平成28年度の『製造株』を見てみましょう。
ワクチンを打ったのになぜインフルエンザにかかるの?
予防接種したにも関わらずインフルエンザに感染することありますよね。そこにはある理由がありました。
料金(費用・値段)
インフルエンザワクチンの接種費用はやはり気になるところ。医療施設による料金の差ってなんでしょう?
副作用・熱・卵アレルギー
インフルエンザワクチンにも副作用やアレルギーがあります。予診票はしっかり読んでチェックを入れましょう。
接種日の過ごし方(運動・お風呂・飲酒)
インフルエンザワクチンを接種した日はどのように過ごすのがよいのでしょうか?
他のワクチンと同時接種は可能?
子どもが受けるべき(定期)予防接種の数は年々増えています。日本では任意であっても海外では定期に指定されているワクチンもあります。同時に複数接種するためのルールを解説します。

【Google広告】
【PR】