インフルエンザ治療薬

MENU

抗インフルエンザウイルス薬の特徴

キリコ

 

はじめまして、こんにちは。
薬剤師の『キリコ』です。
薬剤師としては20年目に突入し、後輩や部下の指導にあたっています。
実は漢方薬も得意とするところでして、東洋医学の面からも解説できればと思っています。


 

インフルエンザ治療薬のカテゴリーは、薬剤師である私から解説しますね。

 

インフルエンザウイルス感染症(以下、インフルエンザ)の治療には、原因であるインフルエンザウイルスに対する抗インフルエンザウイルス薬が使われています。
そのほか、熱を下げる解熱薬や、漢方薬も使われることがあります。
それぞれ、使用するときに注意したいことがありますので、ご紹介しましょう。

 

参考文献
・インフルエンザQ&A(厚生労働省)
・各医薬品添付文書

 

 


【Google広告】
【PR】

インフルエンザ治療薬|インフルエンザB.com記事一覧

インフルエンザは、外来で医師から薬を処方してもらい自宅で飲んでよくなっていく場合がほとんどですが、患者さんの症状が重い場合には、入院で治療することもあります。さまざまな抗インフルエンザウイルス薬が使われていますので、使い方や薬の値段などを表「抗インフルエンザウイルス薬の特徴」としてまとめました。抗インフルエンザウイルス薬の特徴一覧表種類薬の名前( )内は商品名適応治療の場合の使い方( )内は薬の値...

B型インフルエンザでは40℃近い高熱は出にくいため解熱薬を使うことは少ないかもしれませんが、インフルエンザで熱が出たときに、使ってはいけない解熱薬があります。サリチル酸系(アスピリンなど)の解熱薬やジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸といった解熱薬は、小児のインフルエンザの患者さんには使わないことが原則とされています。これはライ症候群(激しい嘔吐、意識障害、けいれんなどの症状が短期間におこる死亡...

インフルエンザのときに使われている薬として、麻黄湯(まおうとう)という漢方薬があります。もともと中国で使われていた薬で、感染症治療に関する中国の古典『傷寒論(しょうかんろん)』という医学書で紹介されていました。漢方薬は患者さんの病気の状態である「証」にあわせて使われますので、インフルエンザでも、麻黄湯が効く「風寒表実証」という状態であれば、効果が期待できます。風寒表実証というのは、外からの寒(冷え...


【Google広告】
【PR】