タミフルの効果と副作用について

MENU

インフルエンザに効くタミフルの効果について

一時、インフルエンザの新薬として登場した「タミフル」について話題になりましたね。
そもそもインフルエンザ治療薬の「タミフル」とはどういった薬なのでしょうか?

 

話題にはなったので、名前くらいは知っていても詳しく知っている人は少ないのではないかと思います。

 

タミフルの効果とは

タミフルとは、中外製薬という製薬会社から発売されたインフルエンザ用の薬で、体内でウィルスを増やさないようにするための薬です。

 

薬イメージ

 

投薬することで、インフルエンザの症状をそれ以上悪化させずに出ている症状を抑え期間を短縮する効果があります。

 

タミフルは、インフルエンザウイルスが増えていく時期に飲まないと効果は期待出来ません。

 

なぜなら、タミフルを飲んだからといって、すぐに効果が出るわけでもありませんし、基本的に、インフルエンザの症状が出てから48時間以内に服用しなければあまり意味はありません。
また、インフルエンザA型やB型には効果が十分ありますが、C型や普通の風邪には一切効果はないとされています。

 

潜伏期間を早期発見 気になるインフルエンザの潜伏期間
最も危険 最も危険な「インフルエンザA型」とは
ヒトにしか感染しない インフルエンザB型の怖さ
全体回避 鳥インフルエンザにも注意




タミフルの服用の仕方

タミフルの一般的な使い方として、大人の場合は黄色と白のカプセル、幼小児の場合はドライシロップとして体重で計算され処方されます。

 

これを1日2回・3日から5日間服用します。あくまでも一般的なことなので、処方された医師の指導に基づきましょう。

 

 

気になるタミフルの副作用について

基本的なタミフルの副作用としては、下痢や嘔吐などがあります。

 

その他非常に話題になった「タミフルによる異常行動」ですが、これに関しては発生頻度の分からない副作用として説明されており、10代に非常に多く発生しているようです。

異常行動に関しては、むやみに怖がることはしないで、服用した人の状態を冷静に見守り判断することが大事です。おかしいと思ったらすぐに医療機関を受診するように心がけましょう。

 

タミフルに限らず、副作用がない薬というのはありません。
当たり前のように服用している頭痛薬にも副作用はあります。

 

その薬のメリットとデメリットを比較し、メリットが大きいと判断された薬が用途に合わせて使われているのです。

 

タミフルはインフルエンザ予防としても処方されるのか?

タミフルは場合によっては予防として飲まれる事があるようです。
※ただし、医者にいってインフルエンザと診断されないとタミフルは保険購入ができません。

 

特に予防が必要な高齢者や受験生などに利用されるようです。国の統計によると、インフルエンザにかかった割合が、飲まない人が8%にあるのに比べて、飲んだ人は1%程度だったそうです。

 

インフルエンザは初期の段階で治療を開始することで、長引かせることなく症状を軽く抑えることが出来ます。インフルエンザかな?と思ったときは迷わず受診しましょう。

 

また、タミフルなどのインフルエンザの薬に関しては、医師の指導に従い正しい服用をしましょう。

 

タミフルに変わる最新治療薬「アビガン」についてはこちらでご紹介します。

 

風邪を予防するならビタミンDを摂取しまくるという方法も?