感染してもサクッと治すには最初が肝心

MENU

国立感染症研究所からの報告から抜粋すると、2016年から2017年にかけてのインフルエンザの流行は、例年の11月末に比べると少し早めの中旬から始まり、年明けから急激に患者が増加したとあります。
患者数が200万人を突破したのも前年より1カ月早い時期でした。
高熱が出て全身が痛むA香港型が多く、その次がB型でした。

 

これを読みながらそのしんどさを思い出し、顔をしかめている人もいるかもしれませんね。


【Google広告】
【PR】

2016-2017期インフルエンザ流行状況関連ページ

感染・増殖のしくみ
ウイルスの感染経路とは、接触感染、飛沫感染、空気感染などをよく聞くけれど、インフルエンザウイルスの場合はどうなんだろう?
ウイルスの種類と数
インフルエンザウイルスを構成する糖タンパクの存在をご存知ですか?A・B・C型とはあくまで大分類の名前です。中分類である亜型のしくみをご説明します。
抗原連続/不連続変異
インフルエンザウイルスって147種類だけじゃないの?そう、特にA型って変異しやすいんです。これじゃぁワクチンと変異のイタチごっこ。数十年毎にやってくるパンデミックの真相はこれですよ。
パンデミック
過去のパンデミックは抗原変異が原因で起こりました。これからも変異を続け、また近い将来パンデミックが起こるかもしれません。人類はウイルスの変異を予測して止めることはできるのでしょうか?

【Google広告】
【PR】