型の違いは糖タンパクの違い

MENU

HA(ヘマグルチニン)とNA(ノイラミニダーゼ)

インフルエンザには、

  • 毎年猛威をふるうA型
  • 数年に一度流行するB型
  • 一度免疫ができると一生涯かからないといわれるC型

がありますが、それぞれの種類の数に違いがあります。

 

A型は144種類、B型は2種類、C型は1種類です。

 

インフルエンザウイルスの種類と数

 

インフルエンザウイルスは、HANAという2種類の糖タンパクの組み合わせでできています。
A型のHAは16種類あり、HA1〜HA16と表記されます。
一方NAは9種類あり、NA1〜NA9と表記されます。

 

インフルエンザウイルスの型は?というと、私たち一般人の間では、A・B・Cで認識しますが、これは『大分類』だと思ってくださいね。
医療やメディアでは、H1N1、H3N2などHAとNAの番号で認識し公表されていますよね。
H1N1などの型を亜型(あがた)と呼びます。
亜型は『中分類』だと捉えると分かりやすいでしょう。
(ん?ということは小分類がある?!)

 

A型の亜型の組み合わせ数は16×9=144種類と言われています。今のところ^^。

 

また、B型の亜型が2種類のみ、というのは、HAの違いにより、山形系統とビクトリア系統に分けられるためです。

 

C型は、A・B型と異なり、 HE(ヘマグルチニンエステラーゼ)という糖タンパクのみでできているので、1種類ということになります。

 

 

ってことは、144種類全部に感染すれば、インフルエンザA型にはもうかからないってことなのね!


 

いやそれが、理論的には正解なのですが、、、
(B型C型はそれでほぼOK)

 

ここぞA型がクセモノのところ、同じ亜型でもビミョーに変異するんです(涙) 

 

さぁ、ここで『小分類』の登場ですね〜!

 

ウイルスってつくづく、生き物なんだなぁ、絶滅されないように必死なのですね。

 

A型の変異、、、『小分類』のお話は、『抗原連続変異、抗原不連続変異とは?』を読んでくださいね。


【Google広告】
【PR】

インフルエンザウイルスの種類と数関連ページ

感染・増殖のしくみ
ウイルスの感染経路とは、接触感染、飛沫感染、空気感染などをよく聞くけれど、インフルエンザウイルスの場合はどうなんだろう?
抗原連続/不連続変異
インフルエンザウイルスって147種類だけじゃないの?そう、特にA型って変異しやすいんです。これじゃぁワクチンと変異のイタチごっこ。数十年毎にやってくるパンデミックの真相はこれですよ。
パンデミック
過去のパンデミックは抗原変異が原因で起こりました。これからも変異を続け、また近い将来パンデミックが起こるかもしれません。人類はウイルスの変異を予測して止めることはできるのでしょうか?
2016-2017期インフルエンザ流行状況
感染して潜伏期間を経て発症、そして増殖を繰り返すインフルエンザウイルス。どのタイミングで受診すれば重症化しなくて済む?早すぎず遅すぎず、症状をよく観察することからはじめよう。

【Google広告】
【PR】