迅速診断キットのメリットデメリット

MENU

迅速検査キットのメリットデメリット

みなさん こんにちは!

 

冬のシーズンに日本人の5〜10%が罹るともいわれているインフルエンザ…
治療の原則はなんといっても「早期診断・早期治療」といわれております。

 

その訳は…

 

インフルエンザウイルスは、一個が24時間後には100万個にまで増殖する非常に増殖速度が速いウイルスなのです。

 

そのため、できるだけ早い段階でインフルエンザに感染していることを見極められれば、ウイルスの増殖が少ないうちに抗インフルエンザ薬を服用することができるため、当然、回復も早くなる…

 

ということなのです。

 

今回は、インフルエンザの早期診断に今や欠かせなくなっているインフルエンザ検査、特に最新のインフルエンザ検査法についてみなさんご一緒に勉強していきましょう!

 

インフルエンザ検査法のトレンド「迅速診断キット」

 

現在、日本ではインフルエンザの診断に、「迅速診断キット」が広く使われています。

 

2009年にパンデミック(世界的大流行)が発生した際は、インフルエンザによる日本国内の死者数は世界の中でも著しく少なかったようです。

 

インフルエンザ検査最前線!!

 

その理由は…

 

  • 日本で迅速診断キットが普及していたため早期に正確な診断ができた
  • 抗インフルエンザ薬による早期の治療が行われた

 

などが考えられるようです。

 

今後もこの迅速診断キットがインフルエンザ診断に果たす役割は非常に大きいと言えるかもしれませんね。

 

迅速診断キットにもウィークポイントが…

そんな迅速診断キットですが、今やインフルエンザの診断にはなくてはならない存在″と言っても過言ではないでしょう。
しかしこの迅速診断キットにも、いくつかのウィークポイントがあるのも事実です。

インフルエンザ検査最前線!!

 

迅速診断キットは他のインフルエンザ検査法と違い、ウイルスが一定量以上存在しないと検出できないのです。
これは、インフルエンザウイルスが人体に入ると急速に増殖を始めますが、およそ12時間(検査キットメーカーによってはおよそ7時間)経過しないと、迅速診断キットで検出できるウイルス量に達しない… ということなのです。

 

また、陰性か陽性かの判断を人の目視によって行うため、測定者によって違う判定が出る可能性(誤差)もあり得るのです。

 

  • 発症後12時間以上経過しないと正確に診断できないことがある
  • 測定者によって判定に誤差が生じる可能性がある

 

そして、最近ではこれら迅速診断キットのウィークポイントをカバーするような新たな検査法がいくつか登場しているようです。

 

さあ、最新の検査法について一緒に勉強していきましょう!


【Google広告】
【PR】

インフルエンザ検査最前線!!関連ページ

インフルエンザ検査法いろいろ
インフルエンザB型の検査法には主に4つの種類があるようです。「血清抗体検査」「ウイルス分離培養検査」「PCR法」「迅速診断検査」このうち「PCR法」については、インフルエンザウイルスの遺伝子を数千倍にまで増やして検出する特殊な設備が必要なため、一般の病院で行うことは困難なことが多く、大学病院や研究機関などでしか行われていないようです。
迅速診断法
そこで最近、ほとんどの病院で行われているのが「迅速診断法」という方法なのです。この迅速診断法は、とても簡単に、しかも、素早くインフルエンザB型に罹っているかどうかを判定できることが何よりもメリットです。
A型とB型を、A型の亜型を識別するワケ
現在あるインフルエンザ検査では、必ずと言っていいほどB型とA型の判定までできてしまいます。 しかし、果たしてA型、B型を識別する必要性はあるのでしょうか?現在、病院で処方される抗インフルエンザ薬には、タミフルやリレンザ、イナビル、ラピアクタといったものがありますが、そのどれもがB型はもちろんA型にも効果があります。
富士ドライケム「IMMUNO AG1」
はじめに…写真フィルムでおなじみの富士フィルム社から発売されている「富士ドライケム IMMUNO(イムノ) AG1」という検査法です。なにやら、幅180o、奥行き200oほどの卓上型装置と検査キットを使用するのだとか…
SGNPを用いたインフルエンザの超高感度検出法
そして次は、スディックスバイオテック社が開発した、SGNP(糖鎖固定化金ナノ粒子)???といわれる、なにやら難しい物質を使った検査法です。インフルエンザウイルスは人の細胞に感染する前に、まず、細胞表面に着いた「糖鎖」といわれる分子に吸着する性質があるのだそうです…

【Google広告】
【PR】