一般の病院では行わない検査法

MENU

目的は研究や調査

インフルエンザ検査法いろいろ

インフルエンザB型の検査法には主に4つの種類がありますよ。

 

  • 「血清抗体検査」
  • 「ウイルス分離培養検査」
  • 「PCR法」
  • 「迅速診断検査」

 

血清抗体検査

「血清抗体検査」は、一般の病院で行うことができますが、血液を使って、インフルエンザB型に対抗するための「抗体」という体の防御機能ができているかどうかをみることでインフルエンザに罹っているか判断するものらしいのですが、罹りはじめと治ってきた頃の2回、血液を採って検査を行わなければいけないため、とても時間がかかる検査なのです。

 

ウイルス分離培養検査

「ウイルス分離培養検査」は、ふ化しかけた鶏卵を使いウイルスを増殖させ検出する方法です。
亜型というウイルスの種類まで分かってしまうのですが、結果が分かるまでに1〜2週間もかかってしまうため、発症から48時間以内に治療薬を服用しないと効果がないと言われているインフルエンザの検査法としては、一般の病院において不向きなようですね。
主に保健所や研究機関が調査目的で行うことが多い検査法だということです。

 

PCR法

このうち「PCR法」については、インフルエンザウイルスの遺伝子を数千倍にまで増やして検出する特殊な設備が必要なため、一般の病院で行うことは困難なことが多く、大学病院や研究機関などでしか行われていないようです。

 

これら3種類の検査法は、「この患者がインフルエンザかどうか」をその場で判断することを目的とした検査ではないため、かかりつけ医のクリニックで行われることはないと思っていただければいいです。

 

だって、治った頃に「インフルエンザでした(過去形)」と言われても… って感じがしますよね。

 

いずれも目的は新ワクチンの研究開発や、流行したウイルスの調査分析のために行われる検査になります。


【Google広告】
【PR】

インフルエンザ検査法いろいろ関連ページ

迅速診断法
そこで最近、ほとんどの病院で行われているのが「迅速診断法」という方法なのです。この迅速診断法は、とても簡単に、しかも、素早くインフルエンザB型に罹っているかどうかを判定できることが何よりもメリットです。
A型とB型を、A型の亜型を識別するワケ
現在あるインフルエンザ検査では、必ずと言っていいほどB型とA型の判定までできてしまいます。 しかし、果たしてA型、B型を識別する必要性はあるのでしょうか?現在、病院で処方される抗インフルエンザ薬には、タミフルやリレンザ、イナビル、ラピアクタといったものがありますが、そのどれもがB型はもちろんA型にも効果があります。
インフルエンザ検査最前線!!
冬のシーズンに日本人の5〜10%が罹るともいわれているインフルエンザ…治療の原則はなんといっても「早期診断・早期治療」といわれております。その訳は…インフルエンザウイルスは、一個が24時間後には100万個にまで増殖する非常に増殖速度が速いウイルスなのです。
富士ドライケム「IMMUNO AG1」
はじめに…写真フィルムでおなじみの富士フィルム社から発売されている「富士ドライケム IMMUNO(イムノ) AG1」という検査法です。なにやら、幅180o、奥行き200oほどの卓上型装置と検査キットを使用するのだとか…
SGNPを用いたインフルエンザの超高感度検出法
そして次は、スディックスバイオテック社が開発した、SGNP(糖鎖固定化金ナノ粒子)???といわれる、なにやら難しい物質を使った検査法です。インフルエンザウイルスは人の細胞に感染する前に、まず、細胞表面に着いた「糖鎖」といわれる分子に吸着する性質があるのだそうです…

【Google広告】
【PR】