フィルムメーカー製インフルエンザ検査法

MENU

発症後2-3時間、最短3.5分で判定?!

はじめに…

 

写真フィルムでおなじみの富士フィルム社から発売されている「富士ドライケム IMMUNO(イムノ) AG1」という検査法です。

 

なにやら、幅180o、奥行き200oほどの卓上型装置と検査キットを使用するのだとか…

 

この方法は、従来の迅速キットの測定原理に加え、「銀イオン」を使用することにより、インフルエンザウイルスを100倍の大きさにすることで見え易くし、従来の迅速キットよりも検出感度を約10%も向上させることができたという検査法です。

 

さすがフィルムメーカー!
フィルム現像の技術を応用し銀イオンを使うとは!

 

ウイルス量が多く存在し、10分以内に陽性と判定できた場合には銀イオンを使うことなく検査が終了します。

 

ここまでは従来の検査法と同じですが、ここからが違います…

 

ウイルス量が少なく、10分以内に陽性反応が出なかった場合、なんと自動的に「高感度モード」に切り替わるのです!

 

そして、インフルエンザウイルスに大量の銀イオンを付着させ…

 

数十秒後…  

 

インフルエンザウイルスが100倍まで膨れ上がり…

 

従来の迅速診断キットでは検出が難しかった、発症から12時間以内でも検出が可能となったのでした!!
100倍まで大きくなったおかげで少量でも見つけやすくなり、また、最速では発症後2〜3時間でも検出できる可能性が高まったというのです!!

 

そして、迅速診断キットと違い、判定もすべて装置が行うため、測定者による判定の誤差の心配もなくなったのです。

 

まさに革新的な検査法ですね!

  • インフルエンザウイルスが微量な場合でも検出しやすい
  • 測定者による判定誤差がない

【Google広告】
【PR】

富士ドライケム「IMMUNO AG1」関連ページ

インフルエンザ検査法いろいろ
インフルエンザB型の検査法には主に4つの種類があるようです。「血清抗体検査」「ウイルス分離培養検査」「PCR法」「迅速診断検査」このうち「PCR法」については、インフルエンザウイルスの遺伝子を数千倍にまで増やして検出する特殊な設備が必要なため、一般の病院で行うことは困難なことが多く、大学病院や研究機関などでしか行われていないようです。
迅速診断法
そこで最近、ほとんどの病院で行われているのが「迅速診断法」という方法なのです。この迅速診断法は、とても簡単に、しかも、素早くインフルエンザB型に罹っているかどうかを判定できることが何よりもメリットです。
A型とB型を、A型の亜型を識別するワケ
現在あるインフルエンザ検査では、必ずと言っていいほどB型とA型の判定までできてしまいます。 しかし、果たしてA型、B型を識別する必要性はあるのでしょうか?現在、病院で処方される抗インフルエンザ薬には、タミフルやリレンザ、イナビル、ラピアクタといったものがありますが、そのどれもがB型はもちろんA型にも効果があります。
インフルエンザ検査最前線!!
冬のシーズンに日本人の5〜10%が罹るともいわれているインフルエンザ…治療の原則はなんといっても「早期診断・早期治療」といわれております。その訳は…インフルエンザウイルスは、一個が24時間後には100万個にまで増殖する非常に増殖速度が速いウイルスなのです。
SGNPを用いたインフルエンザの超高感度検出法
そして次は、スディックスバイオテック社が開発した、SGNP(糖鎖固定化金ナノ粒子)???といわれる、なにやら難しい物質を使った検査法です。インフルエンザウイルスは人の細胞に感染する前に、まず、細胞表面に着いた「糖鎖」といわれる分子に吸着する性質があるのだそうです…

【Google広告】
【PR】