こんなにあるの?インフルエンザ検査法いろいろ

MENU

現在主流の検査法

 

丈太郎2

こんにちは!若手のホープw 臨床検査技師の丈太郎です。

 

ボクはまだ駆け出しのため、日頃から分からないことだらけですが、先輩技師に聞いたり学生時代の教科書を引っ張り出したりして日々奮闘しています。
よろしければみなさんもご一緒に、病院で行われている臨床検査について勉強していきませんか?

 

 

早速ですが、冬が近づくと必ずと言っていいほどニュースに取上げられるのが…

 

そうです、「インフルエンザ」ですよね。
できれば罹りたくないのはみなさんも同じではないでしょうか。

 

しかし、もし「罹ってしまったかな?」と思った時は、早目に病院へ行き検査を受け、早目にお薬をもらって治療するに越したことはありません。

 

今回はそんなインフルエンザ、とりわけ、2月から3月頃によく流行する「インフルエンザB型」の検査について一緒に勉強していきましょう!


【Google広告】
【PR】

 

インフルエンザ検査法|インフルエンザB.com記事一覧

インフルエンザB型の検査法には主に4つの種類がありますよ。「血清抗体検査」「ウイルス分離培養検査」「PCR法」「迅速診断検査」血清抗体検査「血清抗体検査」は、一般の病院で行うことができますが、血液を使って、インフルエンザB型に対抗するための「抗体」という体の防御機能ができているかどうかをみることでインフルエンザに罹っているか判断するものらしいのですが、罹りはじめと治ってきた頃の2回、血液を採って検...

そこで最近、ほとんどの病院で行われているのが「迅速診断法」という方法なのです。この迅速診断法は、とても簡単に、しかも、素早くインフルエンザB型に罹っているかどうかを判定できることが何よりもメリットです。僕の勤務している病院でも、やはりこの迅速診断法でインフルエンザの検査を行っています。検査に使われるのは、患者様の鼻から採取した「鼻腔(びくう)拭い液」やノドから採取した「咽頭(いんとう)拭い液」、あ...

現在あるインフルエンザ検査では、必ずと言っていいほどB型とA型の判定までできてしまいます。しかし、果たしてA型、B型を識別する必要性はあるのでしょうか?現在、病院で処方される抗インフルエンザ薬には、タミフルやリレンザ、イナビル、ラピアクタといったものがありますが、そのどれもがB型はもちろんA型にも効果があります。しかし、これらの治療薬が登場する以前の1998年頃には、アマンタジン(商品名:シンメト...

みなさん こんにちは!冬のシーズンに日本人の5〜10%が罹るともいわれているインフルエンザ…治療の原則はなんといっても「早期診断・早期治療」といわれております。その訳は…インフルエンザウイルスは、一個が24時間後には100万個にまで増殖する非常に増殖速度が速いウイルスなのです。そのため、できるだけ早い段階でインフルエンザに感染していることを見極められれば、ウイルスの増殖が少ないうちに抗インフルエン...

はじめに…写真フィルムでおなじみの富士フィルム社から発売されている「富士ドライケム IMMUNO(イムノ) AG1」という検査法です。なにやら、幅180o、奥行き200oほどの卓上型装置と検査キットを使用するのだとか…この方法は、従来の迅速キットの測定原理に加え、「銀イオン」を使用することにより、インフルエンザウイルスを100倍の大きさにすることで見え易くし、従来の迅速キットよりも検出感度を約10...

そして次は、スディックスバイオテック社が開発した、SGNP(糖鎖固定化金ナノ粒子)???といわれる、なにやら難しい物質を使った検査法です。インフルエンザウイルスは人の細胞に感染する前に、まず、細胞表面に着いた「糖鎖」といわれる分子に吸着する性質があるのだそうです…この性質を利用し、この会社ではウイルスが吸着する「糖鎖」を人工的に造りだし、更に、とっても大きな「金のナノ粒子」というものをくっつけた「...


【Google広告】
【PR】