馬インフルエンザの分類と症状や治療について

MENU

馬インフルエンザウイルスの特徴

馬インフルエンザ(Equine influenza)の病原体は、A型インフルエンザウイルス(influenza A virus)のひとつ、「オルソミクソウイルス(Orthomyxoviridae)」。ウイルスは直径が約80〜120nmぐらいの円形をしていて、外側は脂質でできた皮膜(エンベロープ)で囲まれています。ひとつのウイルスが細胞に感染すると、8時間後には約100個、1日では100万個に増殖します。

 

 A型インフルエンザウイルスを顕微鏡で覗いてみると、様々な蛋白質で構成されていることが分かります。核蛋白質、マトリックス蛋白質、ポリメラーゼといった蛋白質です。

 

また、表面を覆う皮膜(エンベロープ)にはヘマグルチニン(赤血球凝集素:HA)とノイラミニダーゼ(NA)という2種類のスパイク蛋白質があります。HA抗原はH1からH14、NA抗原はN1からN9までのサブタイプ(抗原型)があり、これらの組み合わせでHAは16亜型、NAは9亜型に分類されます。

 

現在までに分かっている馬インフルエンザは、H7N7(ウマ1型ウイルス)、H3N8(ウマ2型ウイルス)の2つに分類されます。
※豚インフルエンザもA型インフルエンザの一種ですが、H1N1とH3N2の2つに分類されます。

 

@ウマ1型ウイルス(H7N7)

1956年、チェコのプラハで発見されたので、「プラハ型」とも呼ばれます。1987年にインドで感染が確認されたのを最後に見られなくなり、現在では世界中から消失したと考えられています。

 

Aウマ2型ウイルス(H3N8)

1963年にアメリカのマイアミで発見されたので「マイアミ型」とも呼ばれます。アルゼンチンからアメリカに来たウマからウイルスが感染し、その後アメリカからヨーロッパなど世界中にウイルスが拡散し、現在も流行し続けています。

 

1971年には日本でも関東地区を中心に感染が拡大し、主要な競馬(G1レース)が中止に追い込まれるなど、大混乱が起こりました。ウマ2型ウイルスはウマ1型ウイルスよりも馬に対する病原性と伝播性が強いと言われています。

 

※ウマ2型ウイルス(H3N8)はさらに、アメリカ系統とヨーロッパ系統の二つに分類されます。このため、馬インフルエンザを予防するワクチンには、ウマ1型、ウマ2型のアメリカ系統、ウマ2型のヨーロッパ系統の3つに対応する混合ワクチンが用いられています。ただし、ウイルスの抗原は前触れなく変異することもあります。このウイルスの抗原変異に対応するため、10年に1度のペースでワクチン株の更新が行われています。




馬インフルエンザの症状と治療法