最も危険なインフルエンザA型

MENU

インフルエンザA型 それはもっとも危険なウイルス

毎年冬になると爆発的に流行するインフルエンザですが、種類があるのをご存知でしょうか?
よく高熱が出る風邪かな?と思って病院へ行き、診断の結果「インフルエンザA型ですね」なんて言われた経験あるんじゃないでしょうか。

 

2016年11月現在、流行しているインフルエンザA型としては、「香港A型」「ソ連A型」があります。
※A型は非常に強力で亜種(亜型)の種類もおおく、人、豚、鳥の間で感染します!

 

インフルエンザA型は非常に危険性が高く、ウィルスの遺伝子も変化しやすい

数年に一度亜種が生まれて大爆発するウイルスですので、除菌することは非常に大切です!

 

毎年冬には、電解次亜水(次亜塩素酸水)などで除菌する事話題に上ります。ことしもきっちり対策しましょうね。

 

インフルエンザa型は究極徹底除菌!受験シーズン突入前の体調管理は大切です!

インフルエンザa型には特に注意しましょう
バイバイ菌っていうのはこんなのやですね。次亜塩素酸水バイバイ菌次亜塩素酸水ジアニストなど※アマゾンへページ参照

 

先に説明したとおり、インフルエンザA型という種類は、世界的にも流行する可能性が高いのでかなり注意が必要なウィルスです。
突然変異したウィルスにはワクチンでの対策が難しいですし、猫、鳥、馬、豚などへ広がり被害が大きくなる可能性があるのです。

 

ちょくちょく耳にする「新型インフルエンザ」というのは、ほぼ誰も免疫を持っていない新しいA型のインフルエンザの事をいいます。
話題になった「鳥インフルエンザ」は、数年後には再度ウィルスが突然変異を起こして、近々新型のウィルスが出現するのではないかと言われています。

 

また、インフルエンザa型の場合、それがどんな亜種(種類)であったとしても、非常に強い毒性の場合が多いので要注意です。
予防接種をしているからといって安心してはいけません。





豚インフルエンザと鳥インフルエンザ

 

死亡率の極めて高く、突然変異を起こす非常に毒性の強い鳥インフルエンザですが、2016年現在のところ幸いにも感染率は低い状態です。これに対して、豚インフルエンザはA型のひとつで、広がりやすく豚の呼吸器系疾患があります。

 

かかりやすいですが死亡率は低いようです。

 

ちなみに人間への健康被害は少ないとされています。普通の季節性と同じような症状だったり、死に至るまでの広い症状が報告されています。

 

ただし、私が思うには、実際のところ、季節性インフルエンザにかかっているのか、豚インフルエンザから感染したのか…はっきりとはわからないと思います。そう考えると、実際は豚インフルエンザからの被害も多いのかもしれませんね。※日本ではまだ豚から人への感染は確認されていません

 

なにはともあれ、この先どういった性質のウィルスが出現するかを予想することは出来ません。

 

集団感染、家族への感染予防のために、すぐに出来る手洗いやうがいといった最低限の対策は必ずするようにしましょう。
風邪が流行している期間は、あまり人ごみへも行かないようにしたほうがいいですね。

 

おじいちゃん達も注意
小さい子供や高齢者は特に気をつけましょう。

 

当然ながら小学生以下のこどもや、80歳以上の高齢の方は、インフルエンザ感染により命に関わる可能性があります。普通の風邪とはまるで比べ物になりません。
細菌とウィルスでは全く違います。風邪に気をつけてビタミンもとって元気にすごしたいものですね。

 

潜伏期間を早期発見 気になるインフルエンザの潜伏期間
最も危険 最も危険な「インフルエンザA型」とは
ヒトにしか感染しない インフルエンザB型の怖さ
全体回避 鳥インフルエンザにも注意
タミフル(経口摂取)について インフルエンザとタミフル
フルミスト(鼻腔噴霧) インフルエンザには鼻から予防するフルミスト