インフルエンザ予防接種で寝こむ体験

MENU

ワクチン注射後の症状について

私の姑は怖がりです。なにが怖いってインフエンザが怖いらしいんです。

 

だから毎年せっせと予防注射を打ちに病院へ行っています。それも2回打つんです。

 

私から見れば「えらいなあ。2回もワクチン注射するなんて。」と思うのですが、かく言う私も1回は注射してもらっていますよ。
だけどお義母さんと私とでは、反応が違うんです。

 

そりゃあ、いくら鈍感な私だって接種した所は赤く腫れます。

 

ところが、お義母さんは注射した後、大抵寝込みます

 

それでご飯も食べずにいるので、布団から出てくると「ぼーっ」とした顔をしています。

 

お粥くらい作ってあげるのに、嫁に借りを作りたくないのか、「いらない」と言うんですよ。

 

「素直じゃないな。」と心の中で思いながらも、「何か口に入れなくちゃ、脱水症状になっちゃいますよ」と言ったら、湯呑みにお茶を入れ、中に大きな梅干しを1個ポトンと落としていました。

 

まあ、それはそれで体に良いでしょう。

 

おかゆ

 





私はあまり口を出さない方が、この家の平和のためなので見守ります。
しかし、なぜお義母さんは予防注射で本当にかかったようになるんでしょうか?
決して決して神様に誓って(そこまで言わなくても)気が弱いとは言えない性格です。

 

私の方が絶対負けてるし。暗示にかかりやすいのかな。

 

 看護婦の友達とそんな話をしていたら、目から鱗。やっぱりお義母さんみたいに「ぐたっ。」となる人はいらっしゃるんですって。

 

「多く見ると10人に一人はいるかも。お義母さんのような症状は軽い方だよ。聞いている話だともっと重症になる人もいらっしゃるんだって。

 

でもそれはワクチンが原因かどうかはっきりしていないそうだけど。
ただインフルエンザにかかってしまったわけじゃないんだよ。

 

予防注射でインフルエンザにはならないよ。」と友達は言っていました。
私「えっ、そうなの・・・」と形勢逆転。

 

「そっか、世の中には色んな体質の人がいるもんね。私は鈍感で良かった。」とお互い顔を見合わせて笑っていましたが、ここでも笑っちゃいけないですよね。
「自分は大丈夫だよ。」って言ったって、世の中にはそれで苦しんでいる人もいるんですから。

 

反省します。お義母さんも仕方ないんですよね。好きで寝込んでいるわけじゃないから。

 

来年また予防注射の後、寝込んでいたら、もう少し優しい顔で言えるかも。

 

「お母さん、お粥作りましたよ。召し上がってくださいね。」なんてね(笑)

 

潜伏期間を早期発見 気になるインフルエンザの潜伏期間
最も危険 最も危険な「インフルエンザA型」とは
ヒトにしか感染しない インフルエンザB型の怖さ
全体回避 鳥インフルエンザにも注意