豚インフルエンザの予防は日本では未開拓

MENU

豚インフルエンザの予防は日本では未開拓

ぶたが豚インフルエンザ(呼吸器疾患)に感染すると、その感染が他の豚さんに広がることを防ぐのは農林水産省の管轄です。

 

過去2009年に海外で豚インフルエンザの集団感染が報告された歳には、養豚農場に対する飼養衛生管理の指導は農林水産省が行いました。
※この時は、豚に感染した人型のインフルが強い毒性をもって、再び豚から人に感染され、多くの死者をだした新型インフルエンザウイルスであるとされています。

 

しかし、現在のところ豚インフルエンザの発生はほとんどないことから、特別な措置は行っていないのが現状です。そのため豚インフルエンザの予防は衛生指導ぐらいにとどまっています。

 

豚インフルエンザを予防するには豚のウイルス感染事情として、「A型の種類に属するインフルエンザ」であれば鳥インフルエンザであっても、人インフルエンザであっても、豚に感染する可能性があります。





豚が鳥インフルエンザに感染したら

同じ小屋で鳥と豚を飼っている際に、鳥インフルエンザウイルスが確認出来た場合は、その鳥インフルエンザが高病原性鳥インフルエンザの場合には、インフルエンザウイルスの確認を行い、豚を殺処分を検討することになります。

 

しかし、現在まで日本では鳥インフルエンザに感染した豚の殺処分の実施例はありません。
低病原性鳥インフルエンザの場合には、他の豚へのワクチン接種等を検討することになりますが、実施例はありません。
野鳥との接触のリスクに関しては0ではありませんが、幸いにも野生イノシシの感染例も報告がありません。

 

豚が人型インフルエンザに感染したら大変


人インフルエンザも豚に感染させないことが大切です。
インフルエンザウイルスに感染している可能性のある人は、原則豚の飼養に係わらない事が大切ですね。
飼養の必要がある場合は、必ずマスクをし、豚の飼育場にインフルエンザウイルスをまき散らさないようにする事が大切です。

 

豚への人インフルエンザウイルスの感染予防には、豚の体力を上げて感染に対する抵抗力を保つ、豚との接触を避ける、豚舎を低温、低湿にしない、豚との接触時はマスクをし、作業終了後は手洗いとうがいを励行することが大切です。

 

豚に人インフルエンザウイルスが感染すると、豚の体内で突然変異して、強力な「新型インフルエンザ」が発生する可能性が十分あるからです。

 

スペイン風邪と豚インフルエンザについて
豚インフルエンザと新型インフルエンザの関係について
豚インフルエンザは人へどのように感染するのか