インフル増加エリアはなぜ日本列島に広く分布?

MENU

なぜ夏のインフルエンザが増加する?

 

日本で毎年、夏のインフルエンザ流行が続いているのは沖縄県ですが、それ以外の都道府県にもシーズンオフの流行が広がっています。
たとえば、2017年5月中旬の時点で、沖縄、新潟、熊本の3県がインフルエンザ警報レベル。
他にもインフルエンザ注意報レベルの都道府県は6ヵ所もあり、北海道から九州まで広く分布しています(注1)。

 

夏のインフルエンザ流行のワケとしては、いくつかの要因が考えられています。
その1つは「北半球と南半球の違い」。
日本を含む北半球では、11月ころから2月ころまでが冬期ですが、そのころ南半球は夏期にあたります。
逆に北半球の夏期は、南半球では冬期にあたります。
北半球と南半球では季節が逆なので、地球全体で見ると1年中インフルエンザのリスクがあるということなんですね。

 

日本では夏でも、そのころ冬を迎える南半球ではインフルエンザの流行期に入ります。たとえば、南半球のオーストラリアやニュージーランドでは、例年6月過ぎ頃からインフルエンザが流行を始めますし、南米の熱帯地域やアフリカの一部地域も同様です。
また、東南アジアや東アジアでは、1年を通してインフルエンザが流行している国が珍しくありません。
グローバル化で外国人観光客やビジネス客が急増している現代は、それらの国や地域で感染した人が来日して感染が広がるケースが少なくないと考えられています。

 

(注1) 国立感染症研究所 2017年第18週(5/10現在)のインフルエンザ発生状況より

 

 

以下リンク先の『厚生労働省検疫所』から、世界の感染症情報が検索できますので、渡航の際はよく調べてくださいね。
厚生労働省検疫所 FORTH 海外で健康に過ごすために

 

2017年6月8日 WHOから公表された中国の鳥インフルエンザ(H7N9)最新情報 


【Google広告】
【PR】

なぜ夏のインフルエンザが増加する?関連ページ

夏インフルが沖縄県で増加するワケ
夏のインフルエンザ流行の多い沖縄県では、2016年の年間入域観光客のうち、外国人観光客は前年比38.7%増の約208万人と全体の4分の1を占め、年々増加を続けています。特に沖縄と直行便が就航している東アジアからの旅行客は約8割にのぼり、その内訳を見ると、インフルエンザが通年で流行している台湾などからの観光客が増加しています(注2)。
夏インフルを招きやすい環境とライフスタイル
他にも夏のインフルエンザ流行の要因の1つとして考えられるのは、エアコンの普及による空気の乾燥です。インフルエンザウイルスが乾燥を好むのはご存じですね。エアコンによる空調と機密性の高い建築の増加で、1年を通して湿度の低いオフィスや住居が増えています。
冬とは違う?!夏インフルの特徴と注意点
夏のインフルエンザで注意したい点は、夏カゼや夏バテと間違いやすいことです。熱、咳、鼻水、倦怠感、関節痛、食欲不振、腹痛、嘔吐、下痢などの症状が出ると、「夏カゼかな?」「夏バテかしら」と思いがちですね。また、暑い時期の高熱は熱中症と混同する危険もあります。
パラインフルエンザとは
この夏を騒がせるウイルスの一つに「パラインフルエンザ」があります。同じ呼吸器感染症のインフルエンザのようにパンデミックを起こしたり、死者まで出るレベルの怖いウイルスなのでしょうか?

【Google広告】
【PR】